ja-JP
ja-JP

エージェントインストール(Windows)

Windows版Watchdogエージェントのインストールは以下の手順で行ないます。

ステップ 1: Watchdog Agent Activationのメールを受信

メールにはインストールの為のリンクと、アクティベーショントークンが含まれています。メールが届かない場合は管理者に連絡してください。

ステップ 2: メール内の Download Watchdog Agent をクリック

ブラウザがWatchdogのウェブサイトを開きます。サイトにもインストール手順が含まれています。

  • をクリックしダウンロードしてください。
  • ダウンロードした [exe] ファイルを開きます。

ステップ 3: ブラウザのダウンロードアラート

Run をクリックしてください。

ステップ 4: セキュリティワーニング

ダウンロードにはセキュリティワーニングが表示される可能性があります。

  • More info をクリックしてください。
  • 配布者がNTTネットワークイノベーションであることをご確認し、Run anyway をクリックしてください。

ステップ 5: アプリケーションよりWatchdogを起動

インストールが完了すると、Watchdog エージェントが表示されます。

ステップ 6: アクティベーショントークンを入力

Eメールまたは信頼信頼できるリソースから送られてきたアクティベーショントークンをコピーして、エージェントに入力し Next をクリックしてください。

ステップ 7: パソコンを最も使用する住所の入力

パソコンを最も使用するメイン住所をAddress欄に入力してください。入力された住所はWatchdogにより最寄りの都市または郡に匿名化されます。 Start をクリックして開始します。

ステップ 8: アクティベート完了

エージェントがアクティブになると、Running と表示され、インターネット品質のリアルタイムデータが表示されます。

ステップ 9: 設定の確認

設定のタブには、エージェントの名前、ID、プロジェクト名、グループ、メイン住所が表示されます。住所は変更することが可能です。 Automatic updates にチェックがあることをご確認ください。