ja-JP
ja-JP

アクティビティログ


この記事のユーザーロールと技術要件

ユーザー権限 管理者
対応ブラウザ Google Chrome 7.2.502 以降
Edge v.79 以降

アクティビティログでは、管理者管権限のあるユーザーがプロジェクトごとの全てのWatchdogアクティビティを閲覧できます

アクティビティログのフィルタリング項目
プロジェクト 各プロジェクトの監査ログを表示
サービス
  • 標準はWatchdogサービスです
  • EdgeLQの他のサービスも選択可能です。EdgeLQプラットフォームがエッジアプリケーションをどのように強化するかについての洞察を提供します
日付範囲 指定範囲のアクティビティログをフィルタリング
ユーザー 選択したプロジェクトにおける、ユーザーの変更をフィルタリング
カテゴリー アクティビティログで特定のアクションをフィルタリング
監査 変更を表示

ステップ 1: アクティビティログを開く

  • サービスドロップダウンのデフォルトはWatchdogです
  • WatchdogはEdegLQのエッジ端末およびアプリケーションプラットフォームで実行されます
  • Watchdogに関連するアクティビティは、EdgeLQサービスのログに表示されます

ステップ 2: プロジェクトを選択

  • 監査ログはプロジェクトごとに管理され、各プロジェクトに割り当てられた管理者権限のあるユーザーに表示されます

ステップ 3: サービスでフィルタリング

  • サービスのドロップダウンのデフォルトは watchdog.edgelq.com です
  • Watchdogを意外を選択すると他のサービスが閲覧利用可能になります。現在時点では拡張の必要はありません

ステップ 4: アクティビティログの日付範囲をフィルタリング

指定範囲でアクティビティログをフィルタリングします。

ステップ 5: ユーザーのアクティビティログをフィルタリング

選択したプロジェクトに割り当てられたユーザーによる変更をフィルタリングします。

ステップ 6: カテゴリーごとにアクティビティログをフィルタリング

カテゴリーをフィルタリングして、記録された変更の種類によってアクティビティを識別します。

カテゴリーフィルター
アップデート
  • システム全体のリソースの作成、編集、および削除を表示
  • 例: 新しいプロービングターゲットの作成はシステム全体のアップデートなので、このカテゴリフィルターにて検出されます
オペレーション
  • システムレベルで実行された操作を表示
  • 例: SSHアクセスは、エージェントのような単一のリソースだけでなく、システム全体の操作です
仕様アップデート
  • エージェント設定の変更
  • 例: エージェントのグループへの追加または削除について
状態のアップデート
  • エージェントの状態/ステータスの変更
  • 例: エージェントの状態がオンラインからオフラインになった時、または最後に接続した時刻に変わります
内部アップデート
  • ユーザーまたはサービスアカウントではなく、システムによって開始された作成、編集、および削除
その他のアップデート
  • リソースの動作を変更しないアップデートを作成、編集および削除
  • 例: エージェントのメモフィールドの追加または削除はログに記録されますが、エージェントの動作は記録されません
拒否
  • 認証されていないユーザーやサービスアカウントがアクセスすると拒否されエラーが表示されます
クライアントエラー
  • クライアントリクエストが完了していない場合にエラーが表示されます
サービスエラー
  • サーバーリクエストが完了していない場合にエラーが表示されます
読み込み
  • システムフィールドは内部QAに使用され、ログデータを返しません