ja-JP
ja-JP

エージェント管理(Windows・macOS)


この記事のユーザーロールと技術要件

ユーザー権限 管理者 アセットマネジャー
対応ブラウザ Google Chrome 7.2.502 以降
Edgev.79 以降

WatchdogではAdminまたはAsset Managerのユーザが簡単にエージェントを設置できます。設置の為の2つの方法について解説します。

  1. シェアトークンを使用した遠隔設置:シェアトークンを使用した遠隔設置は、管理者(Admin)またはアセットマネージャー(Asset Manager)のユーザーロールにのみ権限があります。まずWatchdogアカウントマネージャーに共有トークンをリクエストし、パソコンのローカル環境にWatchdogエージェントをダウンロードします。 そして、エンドポイント管理ツール(Intune等)を使用して、エージェントを従業員のパソコンに展開します。エージェントがアクティベートされると、トークンに関連付けられたプロジェクトに自動的に追加されます。ダッシュボードではエージェントに名前を付けてグループ化が可能です。

  2. エンドユーザーによる設置: ダッシュボードのフォームからトークンを送るエンドユーザーによる設置は、管理者(Admin)またはアセットマネジャー(Asset Manager)のユーザーロールにのみ権限があります。ダッシュボードのエージェントページにてエージェントIDを作成し、エンドユーザにアクティベーションメールを送信します。エンドユーザーはエージェントをパソコンにインストールし、トークンにてアクティベートします。


1. シェアトークンを使用した遠隔設置:

Watchdogは、InTuneやJAMFなどのエンドポイント管理システムを使用した遠隔インストールとアクティベーションをサポートしています。

Step 1: ステップ1: Watchogアカウントマネージャーに共有トークンをリクエスト

Step 2: エージェントをローカルでダウンロード

AdminまたはAsset Managerは Watchdogのダウンロードページ にアクセスし、ローカルでダウンロードします。

  • Windowsの場合 をクリックしexe ファイルをダウンロード

  • macOSの場合 をクリックしpkgファイルをダウンロード


Step 3: 企業のエンドポイント管理ツールを使用して、WatchdogエージェントをエンドユーザーのPCに遠隔でインストール:

  • エンドポイント管理ツールでシェアトークンを送信します
  • エージェントは、ダッシュボードでの識別のためのPCシリアル番号作成します
  • デバイス名やユーザーの電子メールアドレスを含めてエンドポイント管理システムを構成すると、エージェントの識別に役立ちます
  • アクティベートされると、エージェントはトークンに関連付けられたプロジェクトに自動的に追加されます

Step 4 Visit the Watchdog Dashboard Agents tab.

  • The new agents will appear with the PC’s serial number and the other identifiers configured in the endpoint mangement system
  • Check the activation status
  • Assign the agents to groups for easy target assignment and search


2, ユーザによる設置:


ステップ 1: ダッシュボードのエージェントマネジメントページより、 をクリック

ステップ 2: エージェントの追加

ステップ 2.1 エージェントをフォームから追加

ステップ 2.2 エージェントをExcel アップロードにて追加:

最大100エージェントを一度に追加できます。

  • をクリック
  • Excel template をクリックし、エクセルのテンプレートをダウンロード
  • テンプレートに入力
    • Agent name(必須: 重複しないエージェント名を入力
    • Assign group (任意): グループを入力
    • Primary address (任意): パソコンが最も使われる住所。正確な住所の入力が好ましいですが、都道府県、市区町村市のみでも可。日本語入力可
    • Email Address(必須): Watchdogエージェントを登録するメールを入力
    • Skip Activation Email (任意): 作成された各エージェントにメールが送信されないようにするには、メールをスキップ欄で「YES」を選択
  • 入力したエクセルテンプレートをアップロードしをクリック
  • エラーを修正しをクリック

ステップ 3: メール送付

メールアドレスを入力した場合、Watchdogをインストールする為のリンクと、アクティベーショントークンが含まれるメールがエンドユーザに自動で送付されます。Skip Activation Email にチェックを入れた場合は、リストのアクティベーションステータス欄にあるメールアイコンより、手動でアクティベーショントークンを送信することが出来ます。エンドユーザーのインストール手順についてはこちらをご覧ください macOS 版インストール Windows 版インストール

ステップ 4: エンドユーザによる必要事項の入力

エージェントを開き、アクティベーショントークンとメイン住所の入力してください。

ステップ 5: アクティベーションステータスをご確認ください ユーザがWatchdogをインストールしアクティベートすると、エージェントページのリストにあるアクティベーションステータスが Activated になります。 Not Activated の場合は、メールアドレスの横のメールアイコンより再度メールを送る事ができます。