ja-JP
ja-JP

Watchdogデータシート


この記事について



Watchdog概要


Watchdogは、企業、通信事業者、ISP、エッジIoTフリート、在宅勤務者のネットワークを監視するサービスです。

EdgeLQプラットフォームを使用したアプリケーションにより、PCネイティブアプリケーション、専用ハードウェア、Ciscoルーター、コンテナ、およびVMのエージェントを配布し管理します。

Watchdogエージェントは、インターネットエンドポイントにpingを送信し、ターゲット、ターゲットグループ、地域、エージェント、エージェントグループ、およびISP毎にインターネット品質を報告します。 収集されたリアルタイムおよび時系列の監視データは、Watchdogダッシュボードにて可視化できます。

Watchdogシステム概要

Watchdog Internet Monitoring System Overview

Deploy Watchdog across the network
ブランチロケーション
  • Ciscoスイッチやルータなどの既存のハードウェアにてエージェントを展開します
  • またはDell EMC VEP1425やRaspberryPiなどの専用ハードウェアにて、イーサネット経由でWatchdogエージェントを展開します
  • 設置には設定の必要がなく、デバイスを繋いで起動させると数分で自動的にWatchdogに接続します
クラウド環境とデータセンター
  • VMでは、インストールごとにカスタムイメージを使用してWatchdogエージェントを実行します
  • VMの設定はWatchdogダッシュボードにてアクティベーショントークンを割り当て、VMに名前を付けるのと同等に簡単です
  • 設置にはそれ以上の設定の必要はありません。VMはを繋いで起動させると数分で自動的にWatchdogに接続します
デスクトップ (Windows、macOS)
  • WindowsとmacOSのネイティブアプリケーションです
  • デスクトップUIによりユーザーのハードウェア、WiFi、およびISPのネットワーク状態を監視します
  • セキュリティとプライバシーの確保
    エージェントがエージェントソフトウェアまたはホストデバイスへのリモートアクセスをすることはありません
    エージェントはブラウザの動作を収集するアプリケーションではありません
  • エンドユーザーの制御と透明性
    インストールやアップデートの際にルートアクセスを必要としません
    モバイルネットワークを使用する場合などには、いつでもインターネット監視やスピードテストを一時停止して帯域幅を節約可能です
    すべての監視アクティビティのログを表示します
    インターネット品質評価をWatchdogに送信します
    位置検出をオーバーライドして、計測位置の特定を向上させます


Watchdogエージェントの要件


エージェント
ハードウェア
Linux
Windows
macOS
サポートする
アーキテクチャ
x86
ARM
システム
要件
CPU: vCPU
ヘッドレス: 100 MB (ユーザーインターフェイスなし)
デスクトップアプリケーション: 250 MB
ネットワークファイヤーウォール要件
プロトコル
ポート
ディスティネーション
ディレクション
目的
TCP 80/443 TCPターゲットの設定 アウトバウンド Https(s) プローブ
ICMP 該当なし * アウトバウンド デフォルトおよびカスタムターゲットへのICMPプローブ
UDP 53 DNSサーバー IP アウトバウンド DNSルックアップ
UDP 3478, 19302 * アウトバウンド スタンサーバー - パブリックIPアドレスを決定するために使用
ICMP NA * インバウンド ホップトレーシングを使用する場合、ICMP Time exceeded messagesメッセージがファイアウォールでブロックされないこと
UDP * ホップトレースが有効になっているターゲット アウトバウンド WindowsOSでのホップトレース(LinuxではICMPが使用されます)


Watchdogメトリック


プロービングメトリック
メソッド
サイズ/帯域幅
ICMP パケットサイズ: 64バイト/ping
HTTP/HTTPS パケットサイズ: エンドポイントによって異なります
ホップ パケットサイズ: 64バイト/パケット
パケット数はホップ数によって異なります
ブロードバンドとワイヤレスのスピードテスト 使用帯域幅: 4 MB アップロード/4 MB ダウンロード
高速ネットワーク10Gbpsのスピードテスト 使用帯域幅: 4 MB アップロード/4 MB ダウンロード
プロービングインターバル
最小インターバル: 1秒
推奨デフォルト
  • パブリックターゲット: 30 秒
  • LANのローカルターゲット: 1 秒
データ解像度: 1 秒
統計関数
閾値ベースの品質定義
  • レイテンシ、ジッタ、パケットロスにより、リアルタイムデータと時系列データを比較
  • プロジェクトごとに複数のカスタマイズされた品質定義を作成
測定の選択
  • 集計方法によるリアルタイムおよび時系列データの評価
  • Mean: 全体の平均
  • Median: 収集された中間データ
  • 95パーセンタイル: 95/100の値の平均
  • 99パーセンタイル: 99/100の値の平均
集計されたメトリック
レイテンシ、ジッタ、パケットロスのデータの集計は以下の項目毎:
  • 地理情報: 国, 州/県, 都市/地域
  • インターネットサービスプロバイダ
  • エージェントとエージェントグループ
  • ターゲットとターゲットグループ
APIおよびダッシュボードインターフェースによるメトリック構成:
  • ターゲットとターゲットグループ
  • タグやグループによるエージェントのターケット設定
  • チーム、ハードウェアタイプなどの集約データを作成するためのエージェントグループ
ハードウェアが収集するメトリック
CPU
メモリ
Wifi信号強度
ネットワークインターフェイスのメトリック
  • 転送されたバイト
  • エラー
データ保持
1秒の解像度: 1週間
1時間の解像度: 1週間経過以降
契約要件に基づくデータの削除
削除前のデータ転送は現在はサポートしていません


Watchdog SaaSの機能


WatchdogダッシュボードとAPIで利用可能な機能
ユーザー管理
  • ロール権限によるアクセス制御
  • ダッシュボードからのユーザー招待メールと管理、ロールの設定と変更、ユーザーの削除
エージェント管理
  • 複数エージェントのアクティベーション
  • ダッシュボードエージェントの為の共有トークン
  • OSイメージに組み込み可能な資格情報
  • デスクトップエージェントのダウンロードと、フォームとエクセルアップロードによるトークンベースのアクティベーションEメールを
  • ユーザー操作の監査
データの視覚化
  • 地図情報毎に集約
  • ターゲット、インターネットサービスプロバイダ、ハードウェアのリアルタイムおよび時系列データ
  • 地域およびグループごとに集計
  • 個々のエージェントの情報を表示
評価とアラート
  • Slackとチームアラート
  • 地域およびグループごとに集計された評価
  • PDFデータのダウンロードと画面のURLの共有
追加機能
  • マルチテナントコントローラー
  • データベースのアクセス制御により、プロジェクト毎に分離されたデータ
  • EdgeLQ OS Raspberry Pi、Dell VEP1425を実行しているデバイスの、SSHおよびSCPアクセスによるリモート管理
言語サポート
ダッシュボードとナレッジべース
  • 英語
  • 日本語
APIサポート
文書化されたRESTおよびGRPCAPI
  • アプリケーション
  • 監査
  • 端末
  • IAM
  • 監視
  • 機密情報
  • アプリケーション
セキュリティとデータ保護
EdgeLQプラットフォームは、ハイレベルなセキュリティアーキテクチャと、企業向けSASEおよびゼロトラストのアプリケーションの最高レベルのデータセキュリティアーキテクチャを提供します
  • すべてのデータは転送中に暗号化されます
  • すべてのシステムへの多層アクセス制御
  • マルチテナントデータストレージはすべてのクライアントデータを保護します
  • Google CloudPlatformに保存および保護されたデータ
サポート
  • ナレッジベース
  • APIドキュメンテーション
  • Level 3 & 4 support to reseller/integrator
  • Level 1 & 2 support provided by reseller/integrator